理由としては、大抵アダルトサイトの閉鎖の気配が強くなると、新作動画を追加しなくなったり、サイトの更新をしなくなります

 

運営側がただやる気がないだけならいいのですが、そういった状況では大体は何らかのトラブルに直面しているパターンです。

 

そしてトラブルの大半は著作侵害によって、決済会社・サーバー会社に圧力が掛かっているか、もしくは運営者逮捕されたかの状況です

 

ですからサイトの更新状況から、有料アダルトサイトのベテランユーザーになってくるとそのようなことが分かります。

 

とはいっても、サイト・作品の特性上新作の追加が頻繁にないアダルト動画サイトもあります。

 

そのような場合は加盟サイトの運営状況、もしくはアダルトプロバイダー(代理店)などの状況も評価するうえで重要になります。

 

しかし最近は低評価サイトというのはあまりありません。それは決してよい状況ではなくむしろ悪い状況なのです。

 

実は低評価と考えていたサイトが、最近では危険なサイトでしかないことが続々と分かってきたからです。

 

そのため「安全なサイト」と「危険なサイト」のどちらかしかありません。

 

危険な有料アダルトサイト一覧」でも詳しく掲載しています。